前へ
次へ

1日3回食事をするきっかけはエジソン

現代人は、1日に3回食事をしますが、150年位前はそこまで食べていませんでした。これは単純にお米がなかったなどの問題もあるかもしれませんが、豊作の時ですらそれほど食べていませんでした。ではいつの間に1日に3回も食べ物を口に入れるようになったのでしょうか。これには様々な説がありますが、有力な説の1つがトーマスエジソンになります。トマト清掃は、電気を開発したことで世界的に有名になった1人の1人です。実はこの人は、様々な電気製品を開発しており、パンを焼くときに必要なトースターもトーマスエジソンが開発したものと言われています。エジソンは、開発だけでなくビジネスをする才能があったため、自分が作ったトースターをどのように売り出すか様々な案を考えました。そこで考え出したのが、従来アメリカでも1日2回しか食事をしなかったことを逆手に取り、1日に3回パンなどを口にすれば、健康になると宣伝したわけです。多くの人はその宣伝を信じて1日3回しかも朝はトースターを使うようになり、エジソンは大儲けしたわけです。

Page Top